Airbnb新規上場12月に資金調達30億ドルの噂

Airbnb_app


ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

10月2日の米国株式市場はトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したとの発表を受けて、政局不安が広がり株式市場は急落する場面があり、為替市場ではドルが主要通貨に対して下落した。外国為替市場で1ドル105円34銭と円高が進んだ。

NYダウ平均株価は一時433ドル安と急落して日中安値が2万7382ドル94セントまで売られたが、引けにかけて下げ幅を縮小して終値は134ドル09セント安の2万7682ドル81セントで終了、ナスダック総合指数は251.49ポイント安の1万1075.02ポイントで終了した。

この日は米国大統領選挙期間中ということもあり、トランプ大統領が新型コロナウイルス感染は健康不安、政局不安につながるとして投資家がリスク回避の売りを連発、9月雇用統計も雇用者数の伸びが予想以上に鈍化したことも嫌気される原因となった。

アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空の航空会社株は上昇、ペロシ下院議長が航空支援について早期合意の可能性を発言した事が開花材料となった。米国内で在宅フィットネス事業大手ぺトロン・インタラクティブはコロナ渦で新規会員数が2倍以上に増えたことがわかり株価上昇した。

その他、民泊事業世界大手Airbnb(エアービーアンドビー)新規上場計画を12月に30億ドル資金調達すると報じられ、12月の大型IPO銘柄として話題になった。




スポンサーリンク