シカゴ日経平均先物 23525 +25
NYダウ 28494.2 -19.8
NASDAQ 11713.87 -54.86

10月15日の米国株式市場は、前週分新規失業保険申請件数が89.8万件と、コンセンサスの82.5万件より悪化し、10月のエンパイヤ製造業指数は10.5と、コンセンサスの14を下振れ。10月のフィラデルフィア連銀景況指数は32.3と、コンセンサスの14.8を大きく上回るなど、経済指標は強弱感が対立。

ムニューシン財務長官が、政府はコロナウイルス検査体制に向け資金を対策案に含めることに基本同意と、民主党案に歩み寄り、トランプ大統領追加経済対策の共和党案を1.8兆ドル以上に引き上げる意向を示したことから、選挙前の追加対策成立を期待する見方が再燃。米国株は続落ながら、下げ幅を縮小して取引を終えた。


スポンサーリンク