スマートフォンiPhone、パソコンマイクロソフト

2月21日の米国株式市場はダウ平均工業株が前日比227ドル57セント安の2万8992ドル41セント、ハイテク株の組入れ比率が高いナスダック総合指数は174.375ポイント安の9576.590ポイントで終了。

2月米総合購買担当者景気指数(PMI)が49.6となり節目の50を下回った。PMI下落幅は大幅に低下、6年4ヶ月ぶりの水準にまで低下した。

相場上昇のけん引役だったマイクロソフト、Appleなどハイテク主要株が売られ、画像処理半導体NVIDIA(エヌビディア)も大幅安、化学セクターではダウ、石油セクターではシェブロン株価も下落となった。


スポンサーリンク