ダウ平均・ナスダック総合指数が年初来安値更新

12月20日の米国株式市場は大幅続落、ダウ平均は464ドル安の2万2859ドル、ナスダックは108ポイント安の6528ポイント、FOMC通過もパウエルFRB議長会見内容が来年の見通しについて、株式市場は嫌気売りが続いた。

アジア株、欧州株も下落が続いた流れで米国株も大幅続落、米国政府機関閉鎖との警戒加茂重なり下げ幅が拡大して一時は600ドル安超の局面もあった。

ダウ平均株価年初来安値23344ドル52ドルを下回り更新、ナスダック年初来安値6630.67ポイントを下回り6447.91ポイントまで下落する場面があった。

個別では、目標株価引き下げ空売りレポートがシトロン・リサーチからリリースされたことで Twitter (ツイッター) が大幅安と株価下落。

Twitter-Sell
シトロンリサーチ、エヌビディア空売り推奨レポート


スポンサーリンク