NYダウ予想は2月中旬と3月中旬にダブルボトム

米国主要3指数の急落が世界の株価下落に波及している、みずほ証券テクニカル分析レポートでは、NYダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500は2月中旬頃と3月中旬頃にダブルボトムを形成するが、リバウンドの上値は限定的で下落しやすい乱高下を伴った底練り状態にとレポートをリリース。

テクニカルアナリストは米国株式市場はポジティブ要因よりもネガティブ要因に敏感に反応しており、リバウンド時よりも下落時の値幅が大きい状態が続いていると解説。世界の株価は200日移動平均線を下回っており、欧州株、上海総合指数同様に今後の米国株見通しは200日移動平均線を下回り2月中旬か3月中旬に安値形成する展開を予想。
dow30-chart

ウォールストリート・ジャーナル日本版


スポンサーリンク