バフェット氏、アマゾン、JPモルガンが新ヘルスケア事業に参入

日経平均先物 23215 -45
ダウ 26076.89 -362.59
ナスダック 7402.48 -64.02

米国株式市場は大幅続落、ダウ平均は362ドル安の26076ドル、ナスダックは64ポイント安の7402ポイントで終了。為替はドル円が1ドル=108円75銭、15銭の円高ドル安となった。iPhone X減産を決定したAppleが下げ、マイクロソフト、アルファベット(グーグル)も安い、原油価格下落でエクソンモービルなどエネルギー関連株も下落。

ダウ平均は一時411ドル安となる場面もあった、1日の下げ幅としては2017年5月17日以来の約8ヶ月ぶりの下げ幅で、米国金利上昇、ドル安、株価は史上最高値圏内にあることから損失回避の売りが出やすい状況。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社パークシャ・ハサウェイ、JPモルガン、アマゾンドットコムが新たなヘルスケア企業を設立すると発表したことで、医療保険の企業間競争激化を嫌気してユナイテッドヘルス、ヒューマナ、CVSヘルスが大幅安。大型バイクメーカーのハーレーダビッドソン決算がネガティブとなり売られ、トランプ大統領が一般教書演説で米国インフラ投資を強調すればとの期待感から建設機械のキャタピラーが続伸した。

ペプチドリームをトップピック>そーせい>メディシノバの順で推奨
歯愛メディカルCiは歯科専門通販のトップ企業で市場シェア6割
アドバンテスト決算ポジティブ、通期予想を上方修正、受注残1880億円→2200億円
三井住友アセットマネジメント申込キャンペーンSMAM投信直販ネット




スポンサーリンク