米国雇用統計非農業部門雇用者数が前月比30万4000人増

2020年「習近平」の終焉



週末2月1日の米国株式市場は反発、ダウ平均株価は64ドル22セント高の2万5063ドル89セント、ナスダック総合指数は17.869ポイント安の7263.868ポイントで反落した。

投資家が相場を左右する材料として注目された米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比30万4000人増と市場予想を大きく上振れ。マーケットは米国経済指標を好感して買い優勢で始まった。

Amzon.com決算発表は市場予想を下回り5%株価下落、1月~3月期の売上高が軟調だった為、相場の上値が重たくして一時は193ドル48セント高の2万5193ドル15セントまで上昇したダウ平均株価は上げ幅を縮小した。

好決算企業はアンチウイルス・セキュリティソフト大手シマンテック、石油関連エクソンモービル、シェプロンが市場予想を上回る決算内容で買われ株価上昇となった。




スポンサーリンク