年末商戦が好調とパウエルFRB議長解任は無いと報道

シカゴ日経平均先物 20070 +680
NYダウ 22878.45 +1086.25
NASDAQ 6554.36 +361.44

12月26日の米国株式市場はダウ平均株価が1086ドル高の22878ドル45セントと1000ドルを超す大幅高、これは1日の値幅としては過去最大の上昇幅となり連日の株価下落から急反発となった。

中国では、中国政府が減税や貸出し金利引き下げなどを発表。人民銀行幹部が支払準備率の引き下げ余地があるとコメントするなど、景気後退防止期待が浮上。

米国では、クリスマス商戦期の好調な消費結果が報じられる中、10月のS&Pコアロジック20都市住宅価格指数が市場コンセンサスを上振れ。

大統領経済諮問委員会ハセット委員長が「パウエルFRB議長解任に向け大統領が動くことはない」とコメントし、買い安心感が台頭。売られ過ぎた反動も重なり、NYダウは史上最大の上昇となった。

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!




スポンサーリンク