GE株価9年8ヶ月ぶりの安値更新

シカゴ日経平均先物 22055 +225
NYダウ 24640.24 +354.29
NASDAQ 7081.85 +142.87

11月26日、欧州株式市場ではイタリア連立政権が財政赤字目標についてEUに歩み寄る姿勢を示唆。ブレグジット(Brexit)についても、EUが協定案を承認。

米国株式市場では欧州株高に加え、年末商戦の好発が意識され、小売株中心に買いが優勢の展開。直近大きく下落したことから安値拾いの買いが入り、26日の米国株は大幅高となった。

個別銘柄では、テスラ電気自動車の購入者向け税額控除の延長を米国議会に働きかけていると報じられ大幅高。ツイッターは年末商戦の販促ツイート、広告収入拡大への期待で5%を超える上昇。

ゼネラルモーターズ北米工場の生産停止、人員削減策を発表して株価上昇。フェイスブックはスタイフェル・ニコラスのアナリストが投資判断「買い」としたことが好感、アマゾンドットコムはサイバーマンデーでネット通販売上高が過去最高を更新する期待で買われた。

一方で、GE(ゼネラル・エレクトリック)は引き続き経営懸念から売られ、一時は2009年3月以来となる安値を更新。9年8ヶ月ぶりの安値をつけたことで売り圧力が強い。

日本株投資判断「オーバーウェイト」へ格上げモルガンスタンレー


スポンサーリンク