Amazon.com上場来高値更新

日経平均先物 22570 -60
ダウ工業株30種平均 25583.75 -45.16
ナスダック総合指数 7888.33 +4.66

8月8日の米国株式市場ではダウ平均株価が4日ぶりに反落、ナスダック総合指数は7日続伸。著名投資家がアップル株を1500万株追加買いしたことや、好業績のハイテク株買いが続き、ナスダックが7日続伸するのは3月以来、約5ヶ月ぶりのこと。

先週、アップル時価総額が1兆ドルを超え話題となったが、きょうはアマゾンドットコムが上場来高値を更新した。金融情報のトムソン・ロイター決算が前年同期比3.2倍の純利益となったことを好感して買われ3.5%高、3次元プリンターの3Dシステムズが発表した4月~6月期決算は大幅増益となり32.4%上昇となった。

ウォルト・ディズニー決算は市場予想を下回り2.2%下落、ニューヨークタイムズは有料会員数が前年同期比を下回り失望売りから6.6%下落、写真・動画アプリのスナップは利用者数が減少したことで成長期待が鈍化、6.8%株価下落となった。

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)

電気自動車のテスラ株式非公開化についてマスクCEOがツイッター投稿したことが市場で話題になっている。SEC(証券等取引委員会)が調査していると報じられ、テスラ株価は前日比2.4%下落して370.34ドルとなった。


スポンサーリンク