ハイテク株買われナスダック総合指数5日続伸

シカゴ日経平均先物 22540 -15
ダウ平均 25502.18 +39.60
ナスダック 7859.68 +47.66

8月6日、米国株式市場はナスダックが5日続伸、ダウ工業株30種平均は2日続伸となった。投資家の間には米中貿易摩擦は11月の米国中間選挙まで続くものとして懸念材料になるが、目先の企業業績を好感した買いが入った。

投資運用会社バークシャー・ハザウェイは4月~6月決算が大幅増益となったことを好感されて株価上昇、通信大手TモバイルUSはニューヨークポストが「5G競争を促すには3社が必要」と報じた事から、業界再編思惑から買われ7.7%上昇、フェイスブックはチャットアプリのメッセンジャーを利用した銀行顧客向けサービス拡大を目指すとウォールストリートジャーナルが報じて4.4%上昇となった。

市場の話題では著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、アップル株式を1500万株買い増ししていたことが四半期報告書で判明。2018年6月末時点で472億ドル(5兆2600億円)相当を保有していたことになる。


ウォールストリート・ジャーナル日本版


スポンサーリンク