ダウ7日続伸、ナスダック6日ぶりに反落

シカゴ日経平均先物(ドル建て) 22715 +15
ダウ工業株30種平均 24831.17 +91.64
ナスダック総合指数 7402.833 -2.092
S&P500 2727.72 +4.65

5月11日の米国株式市場はNYダウ平均が7日続伸、ナスダック総合指数は6日振りに反落となった。ダウ平均は91ドル64セント高の2万4831ドル17セント、ナスダックは2.092ポイント安の7402.883ポイント、S&P500は4.65ポイント高の2727.72ポイントで終了。

トランプ大統領が薬価引き下げを公表、大手製薬会社株が買われ、医薬品業界に影響は少ないと判断されて相場をけん引した。値上がり銘柄はメルク、ジョンソン&ジョンソン、ユナイテッドヘルスなど。

一方で、上場来高値を更新して連騰してたアップルが利益確定の売りの押され反落、決算を嫌気してセキュリティーソフト大手シマンテックが33%下落、最高益決算のエヌビディアは説明会で仮想通貨向けの売上高が鈍化するとの見通しを示したことで売られた。

Apple株価上場来高値更新、村田アルプスなどiPhone関連銘柄上昇
GMOインターネットグループの【GMOコイン】




スポンサーリンク