トイザラス破産、ウォールマート元幹部から内部告発

シカゴ日経平均先物 21655 +100
ダウ平均 24873.66 +115.54
ナスダック 7481.74 -15.07

3月15日の米国株式市場はダウ工業株平均が4日ぶりに反発、115.54ドル高の24873.66ドル、ナスダック総合指数は続落となり15.07ポイント安の7481.74ポイントで終了。

新規失業保険申請件数が50年ぶりの低水準、NY連銀製造業景況指数が予想を上回る好調な経済指標が好感された。しかし米中貿易摩擦への警戒感が強く、前日にトランプ大統領が中国に対し、対米貿易を1000億ドル減少を求むTwitter投稿が懸念材料になった。

個別ではウォールマートが内部告発を受け下落、玩具小売り大手トイザラスは2017年9月に破産申請したが、経営再建の目処が立たず米国内全店舗の閉鎖を検討と報じられ、仕入れ先への支払いが一時停止していることもあって売られた。買収禁止大統領発令があった半導体大手ブロードコムはバンク・オブ・アメリカがトップ推奨銘柄にレポートをリリースしたことで買われ株価上昇。

しんがり 山一證券 最後の12人

中古価格
¥37から
(2018/3/16 08:00時点)




スポンサーリンク