テスラモーターズ過去最大の一株損失を計上

シカゴ日経平均先物(円建て) 21170 -770
NYダウ 23860.46 -1032.89
ナスダック総合指数 6777.16 -274.82
S&P500 2581.00 -10.66

2月8日の米国株式市場は再び急落、前日比9ドル高の24902ドルで始まり終値は1032ドル89セント安の23860ドル46セントで終了。「寄り付き天井の安値引け」に近い売り圧力となった。ナスダック総合指数は274.82ポイント安の6777.16ポイントで終了、こちらもほぼ安値引けとなった。

長期金利が2.88%まで上昇、安全資産の債券を買い、リスク資産の株売りが加速。マイクロソフト、アマゾンドットコム、フェイスブック、アルファベット(グーグル)などが大幅安、テスラモーターズは一株損失が過去最大となり下落。

Twitter(ツイッター)決算が上場以来、初の黒字決算となったことを好感して株価は大幅高、半導体大手で世界の投資家から注目されているエヌビディア(NVIDIA)決算は市場予想を上回り時間外取引で株価上昇している。

【話題】追証発生多数でネット証券は電話が長時間つながらない
世界株価急落後に大手証券が選ぶ日本株2月の注目31社リスト
株価急落後もゴールドマンサックスは日本株の強気スタンスを継続
圧倒的な投資情報力!注目銘柄を無料公開!


スポンサーリンク