IBM決算発表、時間外取引で株価下落

シカゴ日経平均先物 23850 +80
NYダウ 26017.81 -97.84
NASDAQ 7296.05 -2.23

12月住宅着工件数は119.2万件と市場コンセンサスを下回り、1月フィラデルフィア連銀景況指数も22.2と市場コンセンサスを下ブレ。株価は高値圏だけに売り優勢となった。個別の決算は市場コンセンサスを上回るものが多く、モルガンスタンレー、M&Tバンク、BB&T、JBハント、PPGなどが好決算となった。

米国政府機関閉鎖への警戒感が強く、高値圏での利益確定を急ぐ流れ、不動産セクター、エネルギーセクターが下落、食品セクター、小売りセクターは上昇となった。引け後に決算発表したIBMは、23四半期ぶりに売上高が上昇に転じた内容でポジティブだが時間外取引で株価下落。

SOX指数(米国半導体株)が2000年のITバブルのピークを越え
日経平均株価2万4000円乗せ1991年11月以来26年ぶり

スポンサーリンク