外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

2019年10月

シカゴ日経平均先物 22935 -35NYダウ 27071.46 -19.26NASDAQ 8276.85 -49.14米国では、10月の消費者信頼感指数が125.9と市場コンセンサスの128を下回ったものの、9月中古住宅販売仮契約が前月比+1.5%と、市場コンセンサスの+0.9%を上振れ。ムニューシン財務長官が、

シカゴ日経平均先物 22825 +55NYダウ 26958.06 +152.53NASDAQ 8243.11 +57.32米国では、10月のミシガン大学消費者センチメントが95.5と市場コンセンサスの96を小幅下ブレも、インテルの好決算でフィラデルフィア半導体指数が最高値を更新。通商代表部が「米中貿易協議

英ポンド下落、EU離脱協定関連法案が否決 10月22日の米国株式市場は好調な企業決算を好感する流れが継続しているものの、英国議会下院が、EU離脱協定関連法案の迅速審議を否決したため、先行き不透明感が台頭。米株は小反落となった。NYダウは39ドル54セント安の26788ドル10

シカゴ日経平均先物 22490 +30NYダウ 26770.2 -255.68NASDAQ 8089.54 -67.3米国では、企業決算は概ね好調だったものの、中国の7~9月期GDPが前年比+6%と市場コンセンサスの+6.1%を下振れ。FRBのクラリダ副議長が景気拡大を支えるため「適切に行動する」とコメントし

↑このページのトップヘ