外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

2018年09月

シカゴ日経平均先物 23615 +95NYダウ 26405.76 +158.8NASDAQ 7950.04 -6.07米国では、8月の住宅着工件数が128.2万件と市場コンセンサスを上ブレ。米10年債利回りが5月以来の高水準となり、米株は金融セクターを中心に買い優勢となった。

シカゴ日経平均先物 23710 +430NYダウ 26245.96 +184.84NASDAQ 7956.11 +60.32米国では、トランプ政権が中国製品に対する関税発動を発表したものの、関税率が市場コンセンサスの25%を下回る10%で着地。中国政府からの報復関税も予想よりも小幅なものにとどまったため

シカゴ日経平均先物 23055 +85NYダウ 26062.12 -92.55NASDAQ 7895.79 -114.25米国では、トランプ大統領が中国製品に対し2000億ドル規模の関税措置を発表するとの観測が広がり、警戒感が浮上。米株は売り優勢となる中、格下げが相次いだマイクロンテクノロジー売られ、

米国株式市場は小幅続伸 シカゴ日経平均先物 22650 +30 NYダウ 25998.92 +27.86 NASDAQ 7954.23 -18.25 米国では8月生産者価格指数が前月比-0.1%、コア指数が-0.1%と、ともに市場コンセンサス下振れ。米国が中国に対し改めて通商協議再開を申し入れる方向との一

↑このページのトップヘ