外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

2016年08月

寄り付き前の外資系証券注文状況 50万株の売り越し売り=1080万株・131億円 通信・銀行・証券・不動産・ゴム・電機・情報通信・精密・その他製品など買い=1030万株・146億円 非鉄・薬品・金属など 保険・建設・自動車・食品に売り買い交錯米系証券は買い越し、欧州系証券

売り=840万株・137億円  通信・薬品・電機・銀行・情報通信など 買い=1230万株・173億円  保険・非鉄・商社・機械・金属など 不動産・自動車・食品・サービスに売り買い交錯 米系証券は買い越し、欧州系証券は売り越し シカゴ日経平均先物 16485 -35 NYダウ 1855

寄り付き前の外資系証券注文状況 430万株の売り越し売り=1650万株・220億円 薬品・不動産・サービス・情報通信など買い=1220万株・139億円 非鉄・食品・金属・精密など 自動車・化学・機械・電機に売り買い交錯米系証券、欧州系証券ともに売り越しシカゴ日経平均先物 

売り=700万株・136億円 薬品・通信・陸運・精密など買い=760万株・108億円 非鉄・食品・サービス・機械・鉱業など 銀行・電機・不動産に売り買い交錯米系証券は買い越し、欧州系証券は売り越しシカゴ日経平均先物 16680 -70NYダウ 18573.94 +21.92NASDAQ 5228.66 +1

JPX日経400浮動株比率定期見直し予想、パッシブ需要はNTT、JR東など 東京証券取引所は10月7日引け後に、JPX日経400の新浮動株比率を発表して10月28日引け後に適用する。みずほ証券は株式運用上、JPX日経400浮動株比率定期見直し予想するレポー

↑このページのトップヘ