外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

更新情報

シカゴ日経平均先物 21755 +135NYダウ 26026.32 +110.32NASDAQ 7595.35 +62.822月の中国製造業PMIは49.9と市場コンセンサスを上ブレも、米国では、2月のISM製造業指数と2月ミシガン大学消費者センチメント指数が、それぞれ市場コンセンサスを下ブレ。それでも、クドロ

シカゴ日経平均先物 21400 -20NYダウ 25954.44 +63.12NASDAQ 7489.07 +2.3米国では、1月のFOMC議事録で、米経済堅調との景気判断が示されるも、グローバル経済鈍化を含めダウンサイドリスクが高まっていると議論されたと発表。利上げについては辛抱強い姿勢で臨み、「

シカゴ日経平均先物 21330 +30NYダウ 25891.32 +8.07NASDAQ 7486.77 +14.36ドイツの2月ZEW景況指数が15と市場コンセンサスを下ブレ。米国では、2月のNAHB住宅市場指数が62と市場コンセンサスを上回ったことやクリーブランド連銀総裁が、「米国の個人消費は堅調」とコメ

ボーイング高値「中国関連株」が相場を牽引 2月15日の米国株式市場は大幅高、ダウ平均株価は前日比443ドル86セント高の2万5883ドル25セント、ナスダックは45.46ポイント高の7472.41ポイントで取引を終了した。 トランプ大統領が米中通商協議の期限延長に触れた発言で、市

↑このページのトップヘ