外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

更新情報

シカゴ日経平均先物 20540 -180NYダウ 25169.53 -220.77NASDAQ 7288.35 -86.93欧州委員会がユーロ圏成長見通しを下方修正したことで欧州株が軟調。トランプ大統領が中国との通商協議期限の3月1日までに習近平国家主席と会談する計画はないとコメントしたため、米中問題

シカゴ日経平均先物 20870 ±0NYダウ 25390.3 -21.22NASDAQ 7375.28 -26.8ドイツの12月製造業受注指数が-1.6%と予想外のマイナスとなったことでドイツ国債利回りが低下し、米国10年債利回りも低下。GM、ボストンサイエンティフィック、コグニザントテクノロジーなどの

ボーイング株が連日の上場来高値を更新 2月5日の米国株式市場は続伸、ダウ平均株価は172ドル15セント高の2万5411ドル52セント、ナスダック総合指数は54.55ポイント高の7402.08ポイントで終了。 ボーイング、Apple、マイクロソフト、アマゾンドットコムなど主要銘柄の株価

シカゴ日経平均先物 20890 +40NYダウ 25239.37 +175.48NASDAQ 7347.54 +83.672月4日の米国株式市場では、11月の工場受注が-0.6%、11月の耐久財受注最終値が+0.7%と市場コンセンサスを下ブレたものの。クロロックスやシスコの好決算により企業業績の安心感が台頭。2月

米国雇用統計非農業部門雇用者数が前月比30万4000人増 2020年「習近平」の終焉 週末2月1日の米国株式市場は反発、ダウ平均株価は64ドル22セント高の2万5063ドル89セント、ナスダック総合指数は17.869ポイント安の7263.868ポイントで反落した。投資家が相場を左右する材料

↑このページのトップヘ