外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

更新情報

アップル投資判断「中立」→「売り」へ引き下げ 12月4日の米国株式市場は急落してダウ平均株価は799ドル36セント安の2万5027ドル07セント、ナスダックは283.09ポイント安の7159.43ポイントで終了。米国債が逆イールドカーブになったことを受け、米国景気後退を懸念したリス

シカゴ日経平均先物 22645 +5NYダウ 25826.43 +287.97NASDAQ 7441.51 +110.9812月3日の米国株式市場は週末の米中首脳会談で、米国は中国製品に対する輸入関税の引き上げを先送り、中国は米国産品の輸入の大幅拡大に同意したため、米中貿易戦争休戦が好感される格好。米

GE目標株価引き下げドイツ銀行レポート 11月30日の米国株式市場は199ドル62セント高の2万5538ドル46セントと上昇、ナスダック総合指数は57.45ポイント高の7330.54ポイントとなった。週末の米中首脳会談という政治的なビッグイベント前に買い戻しが優勢、半導体関連株が上

シカゴ日経平均先物 22095 +95NYダウ 24748.73 +108.49NASDAQ 7082.7 +0.85米国では、米中貿易摩擦懸念が根強い中、クラリダ連銀副議長が講演で、「米国経済は強い拡大基調」とコメントしたことや、「金利が2015年に比べ中立金利にかなり近づいた」とのコメントが好感

↑このページのトップヘ