外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

更新情報

東証1部の騰落レシオは101%、前日の91%から上昇TOPIXコア30の指値状況は「売り3600万株・買い3900万株」と、差し引き300万株の買い越し日経平均採用銘柄は「売り2億7100万株・買い2億3100万株」と、差し引き4000万株の売り越し 口座開設でキャッシュバック! 儲かる!

寄り付き前の外資系証券注文状況 620万株の買い越し売り=2020万株・159億円 商社・鉱業・ガス・鉄鋼・電機・食品など買い=2640万株・209億円 サービス・ガラス・不動産・海運・薬品・機械など 銀行・小売・通信に売り買い交錯米系証券、欧州系証券ともに買い越しシカゴ

寄り付き前の外資系証券注文状況 10万株の売り越し売り=880万株・137億円 食品・化学・鉄鋼・非鉄・銀行・商社・電機など買い=870万株・134億円 自動車・通信・薬品・石油・空運・ゴムなど サービス・機械・情報通信に売り買い交錯米系証券は買い越し、欧州系証券は売り

寄り付き前の外資系証券注文状況 260万株の買い越し売り=1170万株・124億円 薬品・化学・鉱業・食品・REIT・電子機器など買い=1430万株・142億円 精密・銀行・石油・情報通信・サービス・輸送用機器・自動車部品など 電機・通信に売り買い交錯米系証券は買い越し、欧州

GPIFがJPX日経400を構成する企業に調査を実施年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がJPX日経400を構成する企業に実施した行った調査によると、約6割の企業が「スチュワードシップ・コード」の導入後、機関投資家の行動に前向きな変化があったと受け
『JPX日経400構成する企業、スチュワードシップ・コードに良い変化あった』の画像

↑このページのトップヘ