外資系証券寄り付き前注文動向

寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています

更新情報

寄り付き前の外資系証券注文状況 260万株の売り越し売り=1710万株・161億円 ゴム・銀行・自動車・機械・非鉄など買い=1450万株・220億円 サービス・通信・建設・陸運・REIT・金属など 電機・小売に売り買い交錯米系証券、欧州系証券ともに売り越しシカゴ日経平均先物 

寄り付き前の外資系証券注文状況 190万株の売り越し売り=1750万株・195億円 陸運・小売・自動車・電機・銀行・証券・ゴムなど買い=1560万株・196億円 食品・水産・通信・不動産・商社など 情報通信・化学に売り買い交錯米系証券、欧州系証券ともに売り越しシカゴ日経平

JPX NIKKEI 400 チャート基準値は11,883.82 +41.94 (0.35%) 2016年8月に予定されているJPX日経400構成銘柄の入れ替えが話題になってきた。国内大手証券のアナリスト予想では、新規採用銘柄に東京電力(9501)が最有力候補とみられているようだ。その
『JPX NIKKEI 400 チャート基準値は11,883.82 +41.94 (0.35%)』の画像

寄り付き前の外資系証券注文状況 1510万株の売り越し売り=3040万株・215億円 ゴム・自動車・小売・陸運・商社など買い=1530万株・190億円 薬品・REIT・銀行・食品など サービス・電機・不動産・情報通信に売り買い交錯米系証券、欧州系証券ともに売り越しシカゴ日経

寄り付き前の外資系証券注文状況 140万株の買い越し売り=1270万株・199億円 電機・自動車・化学・小売・食品・電機・空運・農林水産など買い=1410万株・178億円 通信・サービス・情報通信・薬品・REITなど米系証券は買い越し、欧州系証券は売り買い均衡2営業日ぶりの買

↑このページのトップヘ